講師紹介


ヴァイオリン・ヴィオラ

竹林 幸(たけばやし みゆき:代表)

香川県出身。高松第一高校音楽科卒。武蔵野音楽大学卒。卒業後、1998年よりドイツにてR.J.Koeckert氏のもとヴァイオリンと室内楽を学ぶ。ノイブルク音楽アカデミーのマスタークラスに参加。2001年に帰国し、本教室以外にも立川、草津にてDie Musik ヴァイオリン教室を主宰。レッスンをそれぞれの生活スタイルに合わせ提供することを大切に運営をしている。 これまでにヴァイオリンを木村 至、佐々木千恵子、福崎 至佐子、佐々木茂生、R.J.Koeckertの各氏に師事。ヴィオラを磯良男氏に師事。当教室主宰者。


竹内 梨紗 (たけうち りさ)

早稲田大学教育学部卒業、桐朋学園芸術短期大学芸術科音楽専攻卒業、及び専攻科修了。ヴァイオリンを野口千代光、金田幸男、三戸泰雄の各氏に師事。ポーランドのワルシャワ音楽院にてパウル・ウォサキエヴィッチ氏のマスタークラスを受講。ヴィオラを市坪俊彦氏に、室内楽を北本秀樹、荻野千里の各氏に師事。

サロンコンサートや公共施設でのソロ活動の他、オーケストラや室内楽、J-POP/洋楽バンドのサポートなど、様々な形態で幅広い演奏活動を実施している。ヴァイオリンの演奏技術のみならず、『生きた音楽』を表現できるようレッスンを行なっております。みなさんで一緒に、音楽を心から楽しみましょう!


伊東 杏子(いとう きょうこ)

東京音楽大学卒業。同大学院科目等履修生修了。5歳からヴァイオリンを始める。大学入学を機にヴィオラを始める。これまでに、ウィーン国立音楽大学冬季セミナー、紀尾井ホールにてマキシム・ヴェンゲーロフ氏の弦楽セミナーを受講。また、小林研一郎氏指揮のヨーロッパ公演や、ラ・フォルジュルネ・オ・ジャポンに出演。ヴァイオリンを、中塚和良、嶋田慶子、齋藤真知亜、ヴィオラを店村真積、百武由紀の各氏に師事。


平尾 和香(ひらお わか)

香川県高松市出身。広島大学教育学部音楽科、専攻科を経て、ニューヨーク大学ヴァイオリン演奏科修士課程修了。MAを取得。NYU在学中、ボルドー音楽祭、InterHarmony International音楽祭に参加。またオーケストラ、室内楽でリンカーンセンター、NY国連本部等に出演。ヴァイオリンを田淵洋子、市原利彦、伊藤文乃、田中直子、中村静香各氏らに師事。全日本学生音楽コンクール小学生の部入選。全四国音楽コンクール小、中、高校の各部において1位。オーケストラや室内楽で幅広く活躍。

 


チェロ

町田 奈津実(まちだ なつみ)

東京音楽大学卒業後、東京音楽大学大学院研究科修了。チェロを鷹栖光昭、堀了介の各氏に師事。クラッシックをはじめポップス等様々なジャンルで活動し、多数アーティストとの共演・レコーディングに携わっている。

また、ユニットでの活動も行っている。2013年には「Thai’s」を結成し、東京を拠点に世界各国にてツアーを行っている。更にCelloカルテット「Gauche」を結成し、ビルボード東京での演奏やランチタイムコンサートツアーを行い、日本各地で活躍している。

横山 真男(よこやま まさお)

4歳からヴァイオリンを、10歳からチェロを始める。チェロを故三谷広樹氏に師事。早大卒後、ヤマハ大人のための音楽教室チェロ講師を経て、Souvenir della Musica弦楽合奏団の代表をはじめクラシックからポピュラー、ジャズまで広範囲で室内楽のライブ活動を行っている。草津国際アカデミーにてパノハ弦楽四重奏団のマスタークラス受講。長きにわたり初心者から中級者までの指導に携わり、お悩み解決相談スタイル(?!)ともいえる理論派レッスンには定評がある。また、音楽・楽器の研究を通じて、編曲・作曲にも積極的に従事。

 


ピアノ

生田 恵子(いくた けいこ)

東京学芸大学教育学部音楽教育科修士課程修了。スイス留学。チューリッヒ芸術大学にて室内楽ディプロム取得、ジュネーブ高等音楽院にて特別修士課程修了。PTNA、E,F級全国大会奨励賞、同シニア部門第1位。日墺文化協会オーディション合格、同演奏会出演。IBLAグランドプライス国際コンクール第2位、合わせてラフマニノフ特別賞受賞。これまでに神奈川フィルハーモニー管弦楽団、イェーナ・フィルハーモニー交響楽団等と共演。ピアノを石橋史生、F.リーガー、G.M.カイア、H.ヘル、各氏等に師事。ヤマノミュージックサロン講師。

 

福元 あつこ(ふくもと あつこ)

東京学芸大学教育学部音楽科卒業後、奨学金を得て渡独。ミュンヘン国立音楽大学にてディプロム取得。在学中より演奏活動と並行して、ピアノ教育にも積極的に携わる。これまでにピアノを佐藤由紀子、椎野伸一、G.ジーバー、O.ドレスラー、K.シルデ、F.マッシンガー、室内楽をH.ニコライ、ピアノ教授法をT.ベッケラーに師事。



 

岸本 聖華(きしもと せいか)

鳥取県倉吉市出身。4歳よりピアノを始める。昭和音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ演奏家コースを経て、現在、昭和音楽大学大学院音楽研究科修士課程音楽芸術表現専攻ピアノコース1年に在籍中。2001年カウベルピアノコンクール金賞及び最優秀賞。2003年PTNAピアノコンペティション西日本本選第2位、全国大会出場。2004年第57回全日本学生音楽コンクール大阪大会本選出場。2008年日本ピアノ教育連盟JPTAオーディション優秀賞、全国大会出場。2011年ショパン国際ピアノコンクールin ASIA岡山大会第1位、全国大会出場。2014年から3年間倉吉アザレアのまち音楽祭に出演。これまでに、ピアノを門脇智美、西川秀人、野原みどりの各氏、ソルフェージュを茂木眞理子氏、室内楽を國保真理、與口理恵の各氏に師事。現在、ピアノを大友聖子氏、室内楽を本尾かおる氏、伴奏を浅野奈生子氏に師事。

 

上原 文菜(うえはら ゆきな)

6歳よりピアノを始める。名古屋市立菊里高等学校音楽科を経て、金城学院大学人間科学部芸術表現療法学科(現・文学部音楽芸術学科)ピアノ専攻卒業。同大学在学中、学内オーディションによる、定期演奏会・2011年のセントラル愛知交響楽団とのガラコンサートに出演する。このガラコンサートで、同大学の飯田真樹教授に作曲された、”ピアノと管弦楽のためのバラード"3.11"”を初演する。その後渡英し、イギリスロンドン大学ゴールドスミス校グラデュエートディプロマコース(音楽)修了。英国王立音楽大学大学院演奏科に入学し、同大学大学院修了。これまでに、鈴木美雪、宇野恭子、馬塲マサヨ、アンドリュー・ゾリンスキーの各氏に師事。